一人の脚気旅行

一人一人の旅行、ゆっくりと長い長い.この旅行には何人か私の静か,脚気、のんびりとしてはいない.悩みはない、ある悲しみ、私は私のは、その最初の曲の音楽を同行していない.小道上の桐、柳,紫梅、そして満池の秋荷.一人の旅行,目的地、無に熟知の風景、このようにして最も良いです.この命が私のすべてを与えるのは最良の、それはすでに私の心には目的地に明記していた.生活はあなたにどのような痛みを与えるに関わらず、どんな傷、しかし自然はない、彼女はあなたのすべてを包む悩みと痛みを収容することを覚えます.

pは速く、もう一人の旅行は、自転車に乗って、あるいは歩いて、本を持って、またカメラ、携帯電話の記録旅行中にあなたのすべてを与えることがある.本は哲理の、また愛と感動の、風景を持っていたらもっと良い.野原の芝生に座って柔らかくて、本を読んで中の愛と感動、鳥獣虫、高山.何もしないで、ただぼんやりしていて靑の空、座っている芝生、田野に忙しい姿、コオロギの脈打つの姿.そして徐々に失われていく光、ぬくもりから涼、帰り道へと向かう帰り道.空の雲に別れを告げ、歩いた風景に別れを告げる.

pは出会いと分離も、短い旅行になると、次は誰に出会うのか、私たちも知らない、最後に出会ってしまった.あなたは私が出会いは見知らぬ場所で、見知らぬ風景、私は滯在、私は旅行者、大自然の旅行者に属します.