人生は悟脚気る

寂しい時はいつもどこかへ行って、そこでは1人でぶらぶらして、それから一人でぶらぶらしていた.夜、静かに、カエルの鳴き声だけを破った夜空の月が静かな、静かな空にかかっては、笑顔私は、私と付き合って、それの柔らかい光象は哀れむ慰め私の孤独の心、私に一面の芝生の上に来て、草地はやわらかくて、ひとしきり和え冷たい風を感じて、1種の口に出せないすっきり、私と天地一体化追いかけその夢の境地.

私は、静かな夜に私は歩いている.いろいろと考え、私は見上げた空で、空の色はそんなにきれいで、私は初めて悟るの詩人はどうして月は玉を、彼女はそんなにのあらさ、純静,脚気、成熟したように純潔な少女、少し無邪気.ロマンチックな.自分の未来、自分の明るい夢を編まているのかもしれない.

<p」があの星、きらきら光っている、目、表情がなくて,ある剣,心突き刺し、呼んで身の毛がよだつ、あるはそんなに深くて、深くあなたに陥るとあるように、あなたに目引き袖引き、あなたを笑わせるのが楽しくて、あるようあなたを暗示しているか、きっとあなたに捉まえきれない.<> あの大きなp> <も深い宇宙は、1種の神秘な感じがあるように、威信の老人、眼下のすべて虎视耽耽時、月より明、よりショー、もっともっと明るい星が点滅.私はすべてを念入りに見る、心の中に、私は元気に夢中、鼻声、この美しい夜.