冬の脚気水泳はどれらの事項に注意しなければならない

冬に入ると、ますます多くの人を始めてみて寒中水泳、専門家は注意しなければならない、寒中水泳の厳守科学、冬季水泳注意して、一部の事はできません——空腹水泳、壱独泳、寒中水泳三タブー:酒、高熱と性交;激しい運動の後ですぐに寒中水泳.

1,空腹の水泳.

p一番タブーとしては、水泳をしました.満腹胃消化係統操作人が緩慢で、血液の流れも遅い時に水泳をもたらしやすくて、水の圧力による圧迫胃,脚気、四肢の活動をスムーズにできない、重い感、うっかり現れ呼吸困難、足がつった結果.

1、2、独泳.

独泳二大害:水泳常に一種の群体の情緒の相互感染の可能性が高まって、出現はまた調和の最優秀情緒の状態、独泳ちょうどこの情緒の状態に影響しました.また、独泳不穏、誰も助けて、安全に役立たない.

さん、寒中水泳三タブー:酒、高熱と性交.

p人は大量に酒を飲んで熱を出した時、急速に大量に発散することが必要で、この時は冷水中になります、冷熱が激して後に現れた風邪と痙攣と、非常に危険です.性交後、人の体は一般的に弱って、正常体温と体力の状態に回復した後に冷水と接触し,体温を体力と体力が回復しにくく、危険が現れやすいです.

よんしよ、激しい運動の後ですぐに寒中水泳.

p人は激しい運動後、体の新陳代謝が強化、熱量が増え、体温もアップします.その際、正常体温を回復しなかったら冷水に入り、水はまた涼しく、風邪や攣るを起こしてしまう.また、激しい運動の子孫の筋肉収縮と反応力が弱まって、その時と冷水接触、筋肉けいれん、体力不足に加え、おぼれやすい.