塩水の脚気足湯で腎臓の万病を治療する

p〉〈時はなぜ<>夜きゅう、く時の足の最も腎臓をかばいますか?

を选んだこの時間帯は腎臓を補って、この時は腎臓血気が衰弱した時、その時点で足を浸して、体の熱増加し、体内の血管の拡張、血行をよくすることに利益があって、体内の血液循環を促進することによって.また、昼間は一日の神経が緊張して、1日の腎臓を疲れて、すべての足湯はこの時に徹底的にリラックスと十分な調節を得ることができて、人もそれで快適に感じることができます.

お湯が足湯になってから滋賀になって、滋賀肝の作用、睡眠の質を向上させることができる.」もし足を浸してから、更に適当に何分間足マッサージマッサージ、体の血液循環はもっと良くて、臓腑器官も更にいっそうの調節を得ることができます.足湯後、他の活動を行うことを提案し、数分で寝つく、腎臓効果がより良いです.

p〉〈時は足を浸して<>浸してどれくらいの時間が最も良いですか?
Pは、足湯時、水温は熱くならない、40℃ぐらいでいい、足湯時間も長すぎる、半時間ぐらいで宜.金属やすいので寒いので、足の容器が一番湯桶、中にいくつかの利益を放すことができて血行をよくすることの丹参、当帰、または置こレンギョウ、スイカズラ、板藍根、菊をより逆上をとる解熱作用.

漢方薬の足の魔法の効果

冬になると、手足が冷たい、遇寒咳、手足がひび割れなど多くの人が困る.秋には足湯の習慣を身につけて、これらの病気になることを予防します.小さい編はいくつか手軽な足湯小処方薬を紹介する、みんなは自分の病状によって選択することができます.

p <いち時<〉.生姜を寒
ミョウガは漢方薬に属して、漢方薬に属して、寒しを取り除くことを取り除く作用、しかも毒副作用が小さくて.現代医学は、ショウガは毛細血管、局所血液循環と新陳代謝を改善することができると考えてます.寒がり、手足が冷たい人は生姜で足を足湯ことができます.

で注意したいのは、ショウガの足は生姜を入れて湯につかりではなく、一般をじゅうご—さんじゅうグラムの生姜(約中ぐらいの大きさの姜半個)、競り扁、鍋の中に入れて鍋に小さい半分水、蓋をお湯で煮にじゅう分ぐらい.煮て、全てぶちまける姜水の量を加水からよんじゅう℃ぐらい(一般は感じないパーマを宜).足を浸す時水がなかった踝部ながら、最高を浸しながら足.

生姜の中の薬用成分はたくさんの小さい分子物質、蓋をして煮て、その揮発性を避けることができます.半元ジンジャーの用量は一般家庭用の足湯の鉢には、半鉢水の量については.足湯の量が多く、寒がりの症状が重く、ジンジャーの用量を酌量.ショウガの水で足を足湯てしばらく時間後、寒がりの症状は普通はある程度改善することができて.

<>