女脚気は養生に夕食「4つにすぎない」

朝はよく食べて、中華料理は満腹、夕食は根草を食べます.これは、1食事の人の役割を説明していると説明している.夕食は根草を食べますが、夕食を代表することは重要ではありません!しかし、女は養生の話、夕食をしっかりとしてはならないでしょうか」.

1,脚気、夕食はただの

にすぎない” p “は、”胃の不和、臥になる」.もし夕食満腹感を、必然的に胃腸の負担となり、その緊張の仕事の情報が流れ、脳が、不眠、多い夢人、そのうちに、神経衰弱などの疾病が起きやすい.中年の人は長期に夕食を過ぎると、インスリンの大量の分泌を繰り返し、インスリンB細胞に負担を負担し、さらに衰弱し、糖尿病を誘発します.同時に夕食満腹感を、必ずたんぱく質を消化吸収されない部分、腸内細菌の作用の下で、が発生する有毒物質に加え、睡眠時腸管蠕動を遅くして、相対的に延長したこれらの物質は腸の滯在時間を引き起こす可能性大腸がん.

二,ディナーは甜

では夕食後にはいつも甘いものはよく食べないと.糖は消化に分解して果糖とブドウ糖を分解して、人体に吸収された後にそれぞれエネルギーと脂肪になりやすいです.夕食の子孫の運動量が減ったため、運動は糖に脂肪に変換作用があるので,夕食は多くの甘いものを摂取し、体内の脂肪が蓄積し、そのうちに太ることができる.

3、ディナーは生臭物

にすぎない

医学は研究し発見して、夕食よく生臭物食人よりよく食べ菜食の人で、コレステロール高叁4倍.高脂血を患って、高血圧の人であれば、夕食よく生臭物する火に油を注ぐ.夕食よく生臭物食、体内のコレステロールの含有量は高くて、多すぎるコレステロールは血管の壁の上に積み上げて、長い時間が誘発動脈硬化症や心臓病.

4、夕食は不不夕食を食べるには遅すぎて、尿道結石になりやすい.多くの人は仕事の関係が遅くやっと夕食を食べて、食事後にすぐベッドに入ります.人は睡眠状態で血液の速度が遅くなり、小便排泄も減少し、飲食中のカルシウム塩は人体に吸収され、余って尿から排出.

p>と<測定、人体の排尿ピークに食事した後で4年から5時間、もし夕食が遅すぎ、排尿ピークに延期の真夜中、甚だしきに至っては未明、そして人気持ちよく眠っている、よく起きないし、こうして濃度の高いカルシウム塩と尿、尿道に滯在、尿酸結合生成蓚酸カルシウム.酸カルシウム濃度が高い場合、正常体温では、その結晶の結晶を、蓄積、蓄積、形成され、結石を形成する.

は、普段は多く水を飲んで、また早めに夕食を食べて、食事後の排泄のピークは早めに、1回尿後で更に寝ることができる.

☟男性の悩みを解決!