登山運動は、脚気関節キラーになり可能性がある

毎日朝、北京の西山と香山は1本の登山の大軍が体を鍛えて体を鍛えます.ためには、多くの時間の登山の目的、時間には、登山の人も、エレベーターを捨てて、階段を捨てて、階段を這う.しかし、最近中国で骨の関節の健康と十年行動の起動前に、専門家からはどんな山は階段は体を鍛えるいい方法を守るために,脚気、足関節健康になるべくこの方法で体を鍛える.

階段関節に登って、重圧になる

人運動時の関節の力を受ける場合:人の平地の上で正常に両足駅すぐに、すべての脚負担の重さは体重の半分で片足で立った時、足に耐える力は体全体の重量,膝関節の圧力を明らかに増大.二階と階下には膝が曲がった、80~90度の角度で体のすべての重さを負担して、その上に1足の曲がった耐力は約1つの正常な立った4~6倍にもなり.同じく、骨関節も階下の状態で重圧に耐えている.階段で体を鍛えるなら、関節の圧力の程度は分かる .

次に、階段と登山のようで、1つの繰り返しの過程で、関節この過程の中で運動回数が人為的に増え、関節磨耗の確率も自然増加に加え、関節の圧力に耐えるより直立のときは大人として体の重要な部件、摩耗した多くの悪い可能性が増大する.

また、階段と山登りも傷つけ軟骨組織、今医学界は軟骨病変のメカニズムははっきりしないが、栄養不足、摩耗しすぎて、免疫力と遺伝子の要素も軟骨の損傷を引き起こす可能性.軟骨はスポンジのような組織で、血管などは栄養を提供していない.人は運動時関節は収縮、拡張の交替過程で、正常な通行は、リズムによって軟骨に栄養分を提供することができます.そして、登山などスポーツ中の関節曲がった状態と荷重の増加で軟骨は正常に養分を得られ、過度の磨耗,長時間においては軟骨の病変を引き起こすことができます.