私の脚気夢、少し古いです

――文/雪涛

私の夢、少し古い、少し時間機のまだらに似ています.

酔いが覚めて夢も折れて、いつの間にか涙の渋いなめに酒の苦しみ、揺れの世界の中で、私は依然としてその二度と届かない祈りが弾破れの笑顔が映った笑頬が再び指先.おそらくあなたは発見して、にぎやかな都市琉璃のネオンかもしれないキャンパス煌めく星より更に華麗な人に媚びて、しかしあなたは知っているかどうか、壮大ビルの上の鳥瞰できるかどうかは三日月のこずえのあの気づいてじっと待つ一抹の孤独で寂しいか?

pこの街の空、陰晴が定まらない、時晴れた時雨、何度か急いで大雨が降ってから、また晴れ.ここのこれらの年、年回り暗くて交換して、死んでいった光陰たおやかな花が咲いて、よく似ていて、去年の人が見えない.多くの時,脚気、私は一人で待つあの美名その曰を家の家に属して、雲と靑空、靑い空は私に属して、そして、私は私は、一つの方向が探し出せないで操り、あてもなく徘徊.

このような方向は方向、私は思っていません.

私は、私は泣き始め,部屋には、鏡も一緒に泣いている.私は朝上を見上げて、届かない神と天使たちが光に、自分から嫌われ始め、このならず者のふりずんばいの現状から嫌われ、鏡音から嫌われ、目、この建物から,この世界は、すべての人がすべてこのように:この世界にこんなにも君を軽蔑した時、あなたは恐怖.

私は新しい夢、今私は隅の隅に置いて、古ぼけになりました.私は私の夢を連れてこの夢を離れたくて、しかし現実は私と1つの冗談を言って、それは許しません.

私は仕方がなくて、私は安住を除いて、私は他の方法が探し出せません.