脚気に効く食べ物について

偏食や不規則な生活によりビタミンB1が不足し、体の代謝がうまくいかなくなるの原因で、若年者を中心に脚気様症候群が増加中です。
対策としてビタミンB1を中心に栄養のバランスの取れた食事に心がけることです。
脚気に効く食べ物は:
・玄米
脚気はビタミンB1の欠乏から引き起こりますが、玄米を主食にしていれば、脚気とは無縁でいられるとされます。
最近は添加物の多い食品のため、ビタミンB1不足による脚気が復活してきますから、その予防に玄米食は有効といえます。
・小豆
小豆には、脚気に効くビタミンが大量に含まれています。中でもビタミンB1とB2が多く含まれています。
また脚気とまでいかなくても、足がだるい、神経痛、肩こり、夏ばてなどの時もビタミンB1が不足している場合が考えられます。
ビタミン剤などを飲むよりも、小豆をやわらかく煮て、それに蜂蜜をたらし、毎日飲んでみましょう。
・竹の子
竹の子には利尿作用があり血液を浄化するので、内臓の働きが活発になり元気になります。
さらにビタミンの吸収や合成をスムーズにし、脚気にも効果があります。
・うなぎ
うなぎには、牛乳の25倍、ほうれん草の10倍のビタミンB1が含まれています。
ビタミン2は魚介類の中で100gでビタミンB2の含量がもっとも多く、牛乳の5倍、ほうれん草の5.7倍もあるんです 。
・豚肉
豚肉は、ほかのお肉と比べてみると、ビタミンB1が5倍~10倍含有してるんです。これは食品の中でもトップクラス。1日の必要量をなんと豚肉100g食べるだけで満たすことができると言われています。しかもこの「ビタミンB1」加熱しても壊れにくく、体内できちんと吸収されます。

円満な夫妻性生活を保つため人気媚薬販売サイトがセックスレス解消できる媚薬を販売するようになりました。