腕自慢をするあて監督の脚気お話

敬愛する腕自慢をする導同誌:

私はころころの翼の作者で、

はころころの翼の作者で、

です私は歌好きです、

です1つの普通の女の子と1人の皇帝の兄のストーリ,

は1つの普通の女の子と1つの皇帝のストーリです『p』は、美しいラブストーリーで、

です私は普通の女の子だから、

は私は普通の女の子だから、

は私は普通の女の子だから1つの善良な女の子、

は1つの善良な女の子、

については気をつけて、

私は美しい愛情物語のヒロインになり、

としても兄は私をだまして、彼ははなやかな皇帝で、

です.私たちのここにいる、

のラブストーリーはこちら、

驚天動地、しかし、

Pはもちろんのことですが、

はもちろんです.pは、彼は華やかな皇帝として、四年、

ですから.私は小さい普通の人民、

は私は小さい普通の人民です、<P>ですは彼が70万人を管理している1つの.

私はお兄さん、

はお好きですがしかし、これは悲劇の結末によじん……

私は歌を私の翼になりたいと思うが、

ころころの翼になる.

ころころの夢が離陸して、

はPは、愛情のために、

ではありません.pは不埒の俗世間と別れて.

ころころの翼、

はころころの翼、

は、美しい普通の善良な女の子で、

は美しくて普通で善良な女の子です.夢に向かって,

夢に向かって.

希望,脚気、敬愛する腕自慢をする導が私を手伝う.美しい願いを完成.

敬愛する腕自慢をする導をしてください私の詩に埋もれないんだよ、

お兄ちゃんが彼の賢いけらけらを埋めているように.

一千年の悲劇だな……

カカの翼、飛ぶ、愛情のために、

ではなく、

を思い出す.ころころの翼は普通の庶民が離陸するために、

の翼を……

私は希望、私の詩は1期になることができて、

私は、私は善良で美しく、

は善良で、

はpは詩となり、本に入って.

ころころの羽根

2010-05-06