補血はどんな良いあ脚気ずきを食べてよく補血ます

あずき生南国、春は何枝.それが一番多い劝君採集、相思.まえ玄関で会っ小豆、源はこの詩.あずきは相思の物と言われて、実はよく使われるサプリメントです.冬の養生は当時、女にとって、補血は軽視できないが、あずきは補血上物だ.

あずきあずきあずきあずきあずき的4的4、<,<、<、<

精神修養する補血

を古代の李時珍あずき心の穀と強調した小豆の精神修養する効果.あずきは火にも火にも心に心血を注ぎます.その粗繊維物質が豊富で、臨床には脂血、下がり血圧、改善心臓活動機能などの効果があります;同時に、鉄、行ける補血、補血、非常に心血に適合します.冬は寒くないと.

Pは浮腫を消して

p>小豆以外は<豊富なカリウムのほか、その皮に含まれるサポニンもとても強い利尿作用があって、よく改善、脚気や腎臓の機能を衰退による顔、足のむくみ、だから、治療の水腫を使う必要は小豆.

内臓を強くする利胃

は消化能力が高く、吸収がよい.だから、体の比較的に弱い人が冬を進むことに補うべきで、来年の栄養しっかり準備、来年こそは元気だが、力があふれ、しかも病気もしない.唐アズキ、漢方薬では赤小豆にしても、明らかに健脾臓が胃効果.

p>を<祛湿

pの水は血気に流れ、人体細胞に滯在し、人体は急速に膨張します.で小豆を豊富に含むB族ビタミンと鉄の質が含まれているタンパク質、脂肪、炭水化物、カルシウム、燐、尼克酸などの成分を持って、熱を下げて利尿作用があって、祛湿解毒作用.

にあずき補血レシピおすすめ

あずきハトムギスープ

あずきハトムギスープ

1、あずき30グラム,脚気、あずき30グラムは約半日、水をしておく.ハトムギのハトムギは半軟らかいあずきに入って炊け、氷砂糖、氷砂糖,溶解後にエンスト、涼平を入れてから食べることができます.

効果:このスープに顔をケアする美容、役に立つ息の血、利水を散らす.小豆は益の息補血、利水腫れ、ハトムギは内臓を強くする利水、熱を下げて排膿.

あずき紫重湯

制法:小豆、紫米各にじゅうグラムの洗浄に泊まり、水を水に浸して新加入し水を煮て、火から熟れでき、補血多く食べて小豆で食べる時に入って適量のハチミツ.

あずき自体は利尿作用があるから、浮腫、炭水化物は高い、日常食としても使用できます.紫米が比較的に容易に消化し、一度は過度に食事する.

あずきあずき

あずき

制法:小豆、黒米、白砂糖の量を.あずきと黒米をきれいに洗って、清水にご時間以上.の水を水に浸して、黒米や小豆と適量の水を鍋に入れて、火に煮沸して、小さい>に転部