2016/05


一人一人の旅行、ゆっくりと長い長い.この旅行には何人か私の静か,脚気、のんびりとしてはいない.悩みはない、ある悲しみ、私は私のは、その最初の曲の音楽を同行していない.小道上の桐、柳,紫梅、そして満池の秋荷.一人の旅行,目的地、無に熟知の風景、このようにして最も良いです.この命が私のすべてを与えるのは最良の、それはすでに私の心には目的地に明記していた.生活はあなたにどのような痛みを与えるに関わらず、どんな傷、しかし自然はない、彼女はあなたのすべてを包む悩みと痛みを収容することを覚えます.

pは速く、もう一人の旅行は、自転車に乗って、あるいは歩いて、本を持って、またカメラ、携帯電話の記録旅行中にあなたのすべてを与えることがある.本は哲理の、また愛と感動の、風景を持っていたらもっと良い.野原の芝生に座って柔らかくて、本を読んで中の愛と感動、鳥獣虫、高山.何もしないで、ただぼんやりしていて靑の空、座っている芝生、田野に忙しい姿、コオロギの脈打つの姿.そして徐々に失われていく光、ぬくもりから涼、帰り道へと向かう帰り道.空の雲に別れを告げ、歩いた風景に別れを告げる.

pは出会いと分離も、短い旅行になると、次は誰に出会うのか、私たちも知らない、最後に出会ってしまった.あなたは私が出会いは見知らぬ場所で、見知らぬ風景、私は滯在、私は旅行者、大自然の旅行者に属します.


寂しい時はいつもどこかへ行って、そこでは1人でぶらぶらして、それから一人でぶらぶらしていた.夜、静かに、カエルの鳴き声だけを破った夜空の月が静かな、静かな空にかかっては、笑顔私は、私と付き合って、それの柔らかい光象は哀れむ慰め私の孤独の心、私に一面の芝生の上に来て、草地はやわらかくて、ひとしきり和え冷たい風を感じて、1種の口に出せないすっきり、私と天地一体化追いかけその夢の境地.

私は、静かな夜に私は歩いている.いろいろと考え、私は見上げた空で、空の色はそんなにきれいで、私は初めて悟るの詩人はどうして月は玉を、彼女はそんなにのあらさ、純静,脚気、成熟したように純潔な少女、少し無邪気.ロマンチックな.自分の未来、自分の明るい夢を編まているのかもしれない.

<p」があの星、きらきら光っている、目、表情がなくて,ある剣,心突き刺し、呼んで身の毛がよだつ、あるはそんなに深くて、深くあなたに陥るとあるように、あなたに目引き袖引き、あなたを笑わせるのが楽しくて、あるようあなたを暗示しているか、きっとあなたに捉まえきれない.<> あの大きなp> <も深い宇宙は、1種の神秘な感じがあるように、威信の老人、眼下のすべて虎视耽耽時、月より明、よりショー、もっともっと明るい星が点滅.私はすべてを念入りに見る、心の中に、私は元気に夢中、鼻声、この美しい夜.